失敗しないシステム導入4箇条

システム導入の目的は?

太陽光発電の導入の目的を再確認してみましょう。より細かな方向性が定まってきます。

太陽光発電導入の目的

■環境社会に貢献したい

地球温暖化対策の一環として、個人レベルで取組める太陽光発電は、有効な手段です。
設置するだけで効果が発揮できます。

■光熱費を低減したい、売電も魅力

太陽光発電システムの導入にあたり、初期投資額と回収期間を考慮することが必要となります。
現在の光熱費を基に、太陽光発電システムを導入した場合のシミュレーションを作成すれば
その違いがよくわかります。

■節電意識をより高めたい

設置後、発電量の表示などを数字で認識することで、より一層節電意識が高まります。

設置場所の環境は?

効率よくたくさんの発電量を得るには、太陽光発電モジュール(パネル)を設置する屋根の方位が重要です。
南面が最適で、南東・南西、そして東・西という具合に太陽光をより多く受けることができる環境が大切です。
また、同様に太陽光をさえぎるものは無いかもチェック。

ご自宅のお屋根がどの形状か?方角はどうか?最適な設置を考えていきます。

屋根の形は?(種類・材質)

屋根形状や、素材によっても施工方法は違います。屋根に適した部材を選び施工にあたります。
弊社は販売・施工・保守を一貫としたサービスを提供しており、施工管理士、施工従事者の資格を取得して
安心、安全な施工を行なっています。

お支払いの電気料金は?

みなさまがお支払いする電気代の平均で約70パーセントをカット。オール電化との併用でさらに経済的なメリットが拡大!太陽光発電でいっぱい自家発電、昼間の家中すべての電気をまかないましょう!

月別発電量と電気料金換算表