わたしたちの「施工品質」

私共日天株式会社は、昭和シェルソーラーの太陽光発電システムなどをはじめ、3500棟余りの販売施工の実績を持っております。これは日本全国の太陽光発電システムの約300棟に1棟はわれわれが販売施工保守のお手伝いをさせて頂いたことを示します。

これらから培って参りました経験やノウハウによって、質の高い太陽光発電システムの施工をお約束いたします。

例えば、パワーコンディショナーは徹底して屋内設置、電気配線工事も建物の景観を損なうことの無いよう、きれいな設置方法を行うなど、施工数を積み重ねてきたからこそできる確かな技術かと存じます。

徹底した安全管理体制

当社では、当然の事ではございますが太陽光発電システム設置工事の際の安全管理を徹底しています。 万が一、事故が発生してしまった場合、お客様や該当社員はもちろん、弊社と関係する多くの方に迷惑をかけてしまいます。
価格競争が激化している太陽光市場ですが、「低コストのみを追求した低品質・低価格」ではなく、「高品質・安心価格」 当社で徹底している『業界最高水準の安全管理』をご紹介します。

足場の設置は原則

全ての工事において足場設置を原則とします。屋根の上という傾斜した足場、かつ高所での作業になりますので、施工者の安全対策は非常に重要です。足場が無い場合、落下の危険とは常に隣り合わせです。その様な状況では施工者も作業に集中できません。当社では必ず足場を設置してから作業を開始します。但し建物の立地条件等、物理的に足場設置が出来ない場合、落下防止対策器具のヤネロップを張り施工者の命綱を頑丈に支持し施工者の命を守ります。※安全管理面では足場設置がベストです。

さらに徹底した安全管理

足場設置に加え、はしご昇降時に施工者が落下してしまうことを防止するために、安全ブロックを使用した安全対策を施しています(下記参照)。社員(施工者)をしっかりと守ることがお客様の大切な住居を守ること、ひいてはお客様の安心につながると信じています。

屋根上から昇降用はしごまでの移動時

  • ①親綱に安全帯をかけている状態です。

    親綱に安全帯をかけている状態です。
  • ②親綱に安全帯をかけたまま、はしご昇降用の垂直親綱をとります。

    親綱に安全帯をかけたまま、はしご昇降用の垂直親綱をとります。
  • ③屋根作業用の親綱、はしご用垂直親綱を装着します。

    屋根作業用の親綱、はしご用垂直親綱を装着します。
  • ④装着している片方の安全器具を屋根作業用親綱から外す。

    装着している片方の安全器具を屋根作業用親綱から外す。
  • ⑤片方(屋根作業用安全帯)の安全帯を外した状態です。

    片方(屋根作業用安全帯)の安全帯を外した状態です。
  • ⑥はしご昇降用安全帯装着を確認します。

    はしご昇降用安全帯装着を確認します。
  • ⑦安全帯装着確認後、はしごに足をかけます。

    安全帯装着確認後、はしごに足をかけます。
  • ⑧はしご昇降状況です。

    はしご昇降状況です。
  • ⑨伸縮調整器が使用されている状況です。

    伸縮調整器が使用されている状況です。

ここまで徹底して業界トップクラスの価格

当社がここまで安全管理を徹底するのは、お客様と末永くお付き合いさせて頂くために、徹底して安心・安全、そして高品質の施工をご提供したいと思っているからです。以上の事を徹底する為には必要なコストが発生する為、残念ながらシステム価格は業界最安値では決してございませんが、ソーラーフロンティア国内最優秀代理店ならではの安心価格で必ず喜んで頂けるプライスを準備しております。